高濃度プラセンタの選び方

こちらのページでは、高濃度プラセンタの濃度はどれくらいなのかを確認します。また、プラセンタ美容エッセンスがその他の成分がなくても効果が高い理由、そしてシンプルな高濃度プラセンタを選ぶメリットなどについてご紹介します。

高濃度プラセンタとは

サプリメントでも、飲料でも、できるだけ濃度の高いものを利用したいと考える方は大勢いらっしゃるようです。プラセンタ美容エッセンスもできるだけ高濃度で、その他の成分は最小限のものを選びたいですね。

プラセンタ美容エッセンスには、「原液」と書かれたものが多くあります。多くの場合50~100%濃度のものをプラセンタ原液と言うようです。仮に純度100%と書いてあっても、保存料や防腐剤は必ず含まれますので、原液でも多少の添加物が入っていることが一般的です。

添加物が少ないプラセンタがベター

クリームどんなものでもそうですが、混ぜるには相性があります。例えば「水」と「油」はそのままでは混ざらないので乳化剤や界面活性剤が必要です。

美容エッセンスも同じで、たくさんの種類の有効成分が入っている場合、その相性を補うための何かを添加する確率が高くなってきます。美容成分によっては、Phが合わないもの、混ぜると沈殿を起こしてしまうもの、変色してしまうものなどと、相性が悪い成分同士というものがあります。

化粧品会社はできるだけたくさんの美容成分を1本にまとめるために、これらの問題を解決しようとさまざまな添加物を入れ、使いやすさと品質の安定を追求しているのです。

だから、プラセンタは混ぜもののない高濃度でシンプルな製品を選ぶのがポイント、ということがおわかりだと思います。

実際にプラセンタ美容液の商品を選んでみる>>>

  • 【バナー画像】生プラセンタ美容液のオススメ比較リスト