一滴の水も加えないプラセンタ原液~クラサ

こちらのページでは、【プラセンタ原液】クラサの原料の種類、価格、内容量、1日あたりのコストなどの製品情報を表にまとめました。今回ご紹介しているクラサを使った人の口コミは、かなりリアルですよ。

【プラセンタ原液】クラサの特徴

水一滴も加えないというクラサのデータをまとめました。

原材料
原材料産地 ロシア
生産方法 加熱殺菌
価格 12g/12,000円
1日の単価 1,575円
トライアル なし

他のプラセンタ美容液をみる>>>

ロシアの豚プラセンタを使用したクラサ

クラサは、水1滴も加えない100%プラセンタです。原材料は、ロシア科学技術アカデミーが特別に飼育した豚の胎盤で、約180日かけて抽出しています。

実はロシアはプラセンタ生産ではさきがけで、研究開発が進んでいます。

モスクワから北に約300km離れた、良質な水と澄んだ空気に恵まれたツーベル市にあるロシア科学技術アカデミー。ここが管理する安全保護地区に豚を飼育する豚舎があり、クラサはこちらの豚の胎盤を原料としています。

クラサのこだわり

クラサの原料となる豚の胎盤は、3世代前までさかのぼり、優良種を厳選しています。土壌、肥料まで徹底管理した天然の飼料で飼育し、もちろん抗生物質や薬品などを一切使用していません。

飼育員の管理も徹底していて、世話をする前には入浴し、年3回、健康診断を受けることが義務づけられています。また、人からのウィルスに感染するのを避けるために、研究員であっても2週間前に身体検査を終えないとこのロシア科学技術アカデミーに入ることができません。

クラサは時間と手間をかけ製造され、ロシア科学技術アカデミーの研究工場で無菌充填。その後、空輸され、一度も開封することなく、私たちの手元に届くというシステムです。

クラサの有効成分は2種類のアミノ酸

「ヒドロキシプロリン」と「アルブミン」の2種のアミノ酸を含んでいて、保存料や界面活性剤、アルコールフリーのプラセンタ原液です。

クラサの使い方と保存方法

小さじ1/3ほどを手にとり、1~2分、肌になじませます。肌に浸透して、肌のハリを感じたら、たっぷりの化粧水をつけます。

保管は10度以下の冷蔵庫です。外気や熱にとてもデリケートな商品なので、開封後は1カ月をめどに使い切りましょう。冷凍すると成分か変わってしまうので、絶対に冷凍保存はしないでくださいね。

もし届いた商品が分離していて、振り混ぜても元に戻らない場合は空輸途中で冷凍されてしまった可能性がありますので、販売店に問い合わせてみましょう。元に戻るようならそのまま安心して使えます。

便利でお得なクラサの定期便

クラサは、お得で便利な定期コースがあります。毎月コース、2カ月に一度コース、3カ月に一度コースの3種類があり、それぞれ1本または3本を定期便で届けてくれます。毎月3本お届けコースを頼むと、料金が32,917円(税込)で、4,883円もお得です。

【プラセンタ原液】クラサまとめ

  • ロシア科学技術アカデミーが研究開発する水1滴も入れない100%原液のプラセンタ
  • 2種類のアミノ酸が含まれており、保存料、界面活性剤フリー
  • 便利でお得な定期便コースが3種類

他のプラセンタ美容液をみる>>>

  • 【バナー画像】生プラセンタ美容液のオススメ比較リスト