キャリーオーバーを気にする人向け東京美人~プラセンタ原液

東京美人~プラセンタ原液が、国産SPF豚由来のプラセンタにこだわるのはなぜでしょう?キーワードは「キャリーオーバー」。その訳を詳しくレポートしています。しかも妊娠3カ月の胎盤を使用する、というユニークなプラセンタ原液です。使用感、効果など、ユーザーからのレスポンスも、たくさん届いていますよ!

東京美人~プラセンタ原液の特徴

東京美人~プラセンタ原液の詳細をまとめました。

原材料SPF豚
原材料産地日本
生産方法不明
価格18ml/5,400円(税込)
1日の単価350円
トライアルなし

他のプラセンタ美容液をみる>>>

基準のしっかりした国産豚のみを使用した東京美人~プラセンタ原液

海外から輸入された化粧品や有効成分も多いのですが、海外のものは国内とちがい、精製の基準があいまいで、なかには純度の低いものが使われていることがあります。

また、胎盤(プラセンタ)の種類も牛、馬、猿、ヒト、サーモンなど、多種多様にありますが、東京美人のプラセンタ原液は、人間の組織に一番近いのが豚であることから、豚プラセンタを採用しています。この豚プラセンタの人との相性のよさは、学術的にも証明されています。

SPF豚のみを使用したプラセンタ原液

東京美人のプラセンタ原液は、純国産品で、しかもSPF豚を使用した高級品です。

SPF豚とは、“Specific Pathogen Free“「あらかじめ指定された病原体をもっていない」という意味です。

健康な豚(SPF豚)を作るためには、豚が病気にならないような高度の衛生管理技術が必要です。主だった病気にかからなければ、その他の病気にかかることも少なくなるので、抗菌性薬剤も極端に少なくなり、薬剤キャリーオーバーの心配がなくなります

妊娠3か月の豚胎盤を使用

東京美人のプラセンタ原液は、妊娠3カ月の豚胎盤を使用しています。サイトでは、この妊娠初期のプラセンタを利用する理由やメリットまでは記されていませんが、これから、激しく細胞分裂していく若いプラセンタはより効果が高いのかも知れませんね。

東京美人のプラセンタ原液は、すべてSPF豚由来で、独自ルートがあるのでトレース(追跡)が可能です。採取された胎盤はすぐに冷凍され、もう一度、洗浄加工して原料として使用されます。

東京美人~プラセンタ原液のまとめ

  • 基準がしっかりとした純国産のプラセンタのみを使用している
  • 健康なSPF豚を使用しているので、病気や薬剤のキャリーオーバーの心配がありません
  • 妊娠3カ月の豚胎盤を使用し、独自ルートでトレース可能

他のプラセンタ美容液をみる>>>

  • 【バナー画像】生プラセンタ美容液のオススメ比較リスト