プラセンタの危険性

こちらでは、プラセンタの安全性と危険性を、プラセンタの種類や産地、使い方などのカテゴリーに分けて詳しくご紹介します。美容や健康に関心の高い方なら、副作用や危険性を心配するのは当然ですよね。このカテゴリーでは、ぜひその疑問や悩みを解決してください。

プラセンタって危険?

プラセンタが危険と言われる理由を確認しましょう。また、まったく危険性を気にすることのないプラセンタとはどういう製品なのかを明確にしていきます。

>>生プラセンタって安心なの??

豚や馬、羊、そして人の胎盤を原料とするプラセンタは、エイジングケアの美容成分としてとても魅力のある成分です。ただ、プラセンタを製品化するまでには、高度な技術と、衛生管理は必須です。プラセンタは、しっかりとしたメーカーや販売店を選ぶこともポイントとなってきます。

ブランドではなく自分で調べて納得したモノを選ぶ

白斑大手化粧品メーカーが出した「美白化粧品」で、お顔がまだらになってしまったという副作用が大問題になり、成分の危険性だけでなく、お客様相談室の対応の問題、さらには、自主回収するタイミングが遅かったのではないか、など批判を受けています。

これは女性の美白への憧れの高さと、顧客のニーズにこたえようとしたメーカーの焦りのようなものがあったのではないでしょうか。

大手メーカーがCMしているから、という安心感があったかも知れません。でも、お顔につけるものです。どんな成分も、自分の目で成分や産地、製造方法を確認して、危険でないことを納得して使いたいですね。 プラセンタについても同じです。メーカーが大手かどうか、商品が有名かではなく、まじめにしっかりとした裏付けをもって製造しているかを確認しましょう。

プラセンタでアレルギーになる人とならない人

プラセンタを使用した場合のアレルギーについてご紹介します。プラセンタで、アレルギーになりやすい人と、そうでない人がいます。また、プラセンタでアレルギーになってしまったときの対処法をご紹介します。

一方でプラセンタは、アトピーなどのアレルギー治療にも使われています。プラセンタのアレルギー対策治療の実態をレポートします。

「プラセンタでアレルギーになる人とならない人」

プラセンタは献血できない!?

プラセンタの点滴や注射治療をした方は、献血ができなくなってしまいます。それだけ、リスクや危険を含んだ治療法なんですね。このことについて詳しくご紹介します。

ただ、献血できなくなるのは「点滴」と「注射」をした方だけです。美容液としてお肌につける分にはまったく問題のないのでご安心ください。

「プラセンタは献血できない!?」

  • 【バナー画像】生プラセンタ美容液のオススメ比較リスト