プラセンタとアレルギーについて

プラセンタでアレルギー症状が出るという人もいますし、プラセンタを使ったクリニックの治療でアトピーが治ったという人もいます。アレルギーについて2面性を持つプラセンタ、それぞれの状況を詳しくリサーチしていきます。プラセンタがアレルギーに効果をもたらすメカニズムが見えてきます。

プラセンタでアレルギーになる人

アレルギーになる人プラセンタのアレルギー反応で代表的なのが、プラセンタ注射をした後です。注射部位が赤みを帯びる、注射部位にかゆみを感じる、吐き気、注射をした腕が重く感じるなどがあります。これは、初回または2回目の注射に起こることで、半日以内に納まるのが一般的です。

ほかには、サプリメントを飲んで発疹やかゆみが出るなどのアレルギーもあります。

どちらにしても体調が悪い、疲れている、免疫力が下がっている、過敏な体質であるという場合に起きやすい症状ですが一過性のものが多く、心配しすぎる必要はありません。

ただ、赤みや発疹がなかなか治らないなどのアレルギー反応が出ることが稀にあります。これは、タンパク(アミノ酸)アレルギーがある人に出ますので、この場合はプラセンタの使用を中止しなければなりません。

正しい知識を身につけたのでプラセンタ美容液の商品をみてみる>>>

  • 【バナー画像】生プラセンタ美容液のオススメ比較リスト