カタツムリ美容液って気になりませんか?

どう思いますか?カタツムリ美容液。韓国では、すごい人気ということで日本でも話題になっていますが、実はヨーロッパが発祥なのです。「カタツムリがどうやって身を守っているか」という能力を美容に応用したこのカタツムリ美容液の、あらゆる疑問におこたえいたします。

韓国、ヨーロッパで人気のカタツムリ美容液

美しい手カタツムリエキスの美容液というと、韓国というイメージですが、実は発祥はフランス。フランスの代表的なお料理であるエスカルゴ、美味しいですよね!このエスカルゴのカタツムリを飼育している農場の女性の手が若々しくキレイで、傷がついても治りが早いということで、注目されはじめました。

ねばっとした触感のカタツムリエキス、これはムコ多糖類。ヒアルロン酸もムコ多糖類の一種なのでイメージが沸くと思います。

ヨーロッパでは、カタツムリエキスとは表示されず、ムコ多糖類と書かれているので「カタツムリ」としてはあまり有名にならなかったようです。韓国ではあえて「カタツムリエキス」と明記したことで有名になったのですね。

カタツムリの能力とは?

かたつむりのそりのそりと進むカタツムリ、実は素晴らしい能力の持ち主なのです。

カタツムリは刃物の上を歩いてもケガをしないそうです。カタツムリの粘液は、傷を癒して、歩きづらいような道でもしっかりと膜をはって体を守っているのです。

自然界では無防備なものが、より強い自衛能力を持っています。例えば、動物は素早い動きで身を守ることができますが、植物は動くことができないので、紫外線や外敵から身を守るために匂いや色などで自分を守っています。これがファイトケミカルというアンチエイジング成分なのですが、カタツムリものんびりだからこそ備わっている能力がある、というのは納得です。

カタツムリエキス美容液に含まれる成分

カタツムリエキスに含まれる美容液成分の多さには、少々、驚かされます。お肌のダメージをケアするアラントイン、老廃物や汚れをケアするグリコール酸と保湿効果の高いプロティアーゼ、お肌のハリに欠かせないエラスチン、コラーゲンなどです。汚れを落とし、保湿し、そしてエイジングケアまでしてくれるのがカタツムリ美容液なのです。

カタツムリエキスってべたっとしないの?

あのカタツムリの歩いた後を想像すると、ベタつくのではないかと気になりますが、むしろサラッとしてよく浸透します。お肌にしみ込むと豊富に含まれる美容成分が、お肌をふっくらと整えてくれます。

ちなみに、においもありませんが、やはりカタツムリというイメージのハードルは高いようです。背に腹は代えられない!と試してみた方の反応はよいので、どの成分もあまり結果が出なかったという方はいちど手に取ってみてはいかがでしょう。

美肌美容液の成分一覧ページはコチラ>>>

  • 【バナー画像】生プラセンタ美容液のオススメ比較リスト